ひめゆりの塔に行った

今年の終戦記念日に、ひめゆりの塔に行った。たまたま沖縄にいて、たまたま近所を通ったので立ち寄ったら、そういえば今日、終戦記念日だわね、ってな感じで。

二十歳のときにも来たことがあったけど、それからひとまわり年を取っていた。当時はその当時付き合っていた彼氏と来たのだけれど、なんだか盛り下がった記憶がうっすら残っていただけだった。そりゃあこんなところに来て盛り上がるわけがない。

 

今回の展示では、特別展として当時ひめゆり学徒を教えていた先生達に関する特集もされていた。先生達は、沖縄出身で、東京帝大、早稲田、日本女子、筑波大なんかを出ていて、それで故郷に戻ってきた人がほとんどだった。(沖縄出身でありながらも日本の中枢のエリート教育を受けていて、彼らの本心はどういう感じなんでしょうね、土着の人から見ると複雑な立場よね)

先生達は、いろんな意見を持った人がいたみたいだったけど、まぁ最終的には「生き残れ。でも、絶対捕虜にはなるな。」という矛盾のある命題を矛盾していると思いながらも生徒に最後まで説いていたらしい。でも、中には、「何が何でも生き延びろよ」という人もいたりして、先生達の一貫性の欠いた発言に戸惑ったとコメントしている生徒もいた。

 

先生たちも、どう指導していいか、全然分からなかったんだろうな、と思った。当時としてはそれなりの教養を持った人達だけど、それでも全然どうしていいか分かんなかったんだろうな。自分が大人になってみると、どうしても生徒より、先生のほうの行動に意識が行ってしまう。パネルを見ては、「先生だめじゃん、しっかりしてよ」「生きてこそだろうがぁ…(怒)」などと思ってしまうんだけれど、自分が実際その場にいたら、後世からみて適切な行動をできた自信なんて微塵もない。

もしこれが今の時代で、ツイッターとかみんなやってて、政府が捕虜になるなとかプロパガンダしてたって、「素直にアメリカの捕虜になれば助けてくれるよー」みたいなライフハック流れてたら、どんなに結果は違ったろう、と思った。(それが所謂、移民危機で実際に起きたことなんだろう。)

いくら知識層でも、管理側の目的に沿って作られた人材だったらあんま意味ないのかもね、窮地のときは。などとぼんやり思って、もし第三次世界大戦が起こったらツイッターに頼ろう、などとあほなことをぼんやり考えた終戦記念日だった。人は少しは大人になるようだ。

 

 

 

 

 

絵画鑑賞の何が楽しいのか(アルチンボルド展に行ってきた)

国立西洋美術館でやっているアルチンボルド展に行ってきた。

アルチンボルドは昔から好きだったので、四季と四大元素両方をまとめて見れるなんて貴重な機会はないわ、と興奮さながらに上野へ出かけた。

ウィーン美術史美術館から来たものは少なかったけれども、デンバー美術館やら個人蔵やらからでも、かき集めたのには拍手です。四季と四大元素はそれぞれペアになるため、それを一緒に展示させるスタイル。企画者はきっとこれがしたかったのだろう。

「季節も地球もまるごとあなたのものです!」的なメッセージと、その絵に散りばめられた世界中から集められた動物や魚、花のリアルな絵は、まさにハプスブルグ家の世界統治を示すものであり、皇帝はこの絵を見て、さぞ気持ち良かったことでしょう、と。

特に「水」に描かれたベニサンゴは、ドイツエリアの美術館でよく見られる工芸品にもよく用いられる富の象徴みたいなもんなわけで、そんなのも頭から飛び出しちゃうほどの豪華さなわけであって、見ている方もニヤニヤしちゃいます。

で、この作品、初めて皇帝に献上されたのはウィーン美術史美術館にあるわけだけど、それ含めて現存するのが4セットくらいあるらしく、皇帝のすごさを伝えるポスターとして複数描かれたもの、っていうスタンスで見ることは忘れちゃいけないと思うの。プロパガンダよ。

で、その中でやっぱり、皇帝どうのこうのっての関係なく素敵なのは「春」だよねー、と。本当に素敵だわ。春の惚け感すごいでてるし。こういう引力ある絵もあったから、ポスターだとしてもすばらしいのよね。などと考えながら鑑賞しました。

 

さてさて。アルチンボルド的な寄せ絵ってのは、一体何から着想を得たものなのでしょう?ってのは、それなりの絵画好きでも疑問に思うところであろうと思う。なぜなら、こんな寄せ絵を描いた画家ってのは、少なくともこの時代にはいないから。

「いない」というのは正確な表現ではないけれど、美術史の表舞台に名前が残る人のなかで、こんな寄せ絵やトリックアートの類を描いていまだに名前が残っているこの時代の人はこの人だけだから。(そして当時残したインパクトの割に、その後のフォロワーがほとんどおらず、いきなり数世紀を経てダリとかがこれに感嘆するという、次世代への影響度の少なさもすごく面白いんですよね。)

人によって絵画鑑賞の面白みは全くそれぞれだと思うんだけれど、私は、ある画期的なアイデアや技術に見えることでも、それは過去にあった技術の応用だったり、伝統をひとひねりしてみたものだったりすることが分かる瞬間ってのにとても心が躍るタイプ。描き方そのものってよりは、それが描かれた経緯とか、この絵のここをオマージュして、とか、それは画家が意図的にしたものも面白いけれど、無意識的なものに気付く瞬間はもっと面白い。

で、今回の展示ではオッターヴィオ・ミゼローニの工芸品がいくつか来ていた。ヨーロッパの美術館だと、16世紀頃からポルトガル経由でヨーロッパに輸入されたオウムガイなどを船に見立てたりしたエキゾチックな工芸品ってかなり幅を利かせているんだけれど、日本で紹介されることってあんまりないんですよね。(絵画なんかよりもよっぽど一般には感動を生む素晴らしいものだと思うんだけど。)

アルチンボルドと同じ、ミラノ出身のミゼローニの作品は、自然界の貝やサンゴを利用して、それの周りに飾りを散りばめて、いかにもバロック!って感じなんだけれども、それを絵画でやったのがアルチンボルドなのねぇ、ってのが暗に示されていたのは面白かった。自然界で取れた美しいもの・珍しいものが当時一番、人を驚かせるアートだったわけですねぇ、と。

そういう当時の高尚な貴族的流行りのベースがあるんだけれど、それと対照的な存在として、実際にオマージュされた可能性があるものとして展示されていたものが、男根によって描かれた頭部のだまし絵のマヨルカ焼き。要は勃起したチ●コがいくつも連なって描かれた絵ですよ。こういうモチーフが当時のヨーロッパでよく描かれていたらしいとのことで。もちろん、世俗的なものなので一般の美術史上はあまり出てこないんだけれど。

この高尚さと世俗さのギャップを織り交ぜたアルチンボルド、ってなことで、当時この絵を見た人は暗に男根のことも想起させられていたやもしれず、そうなるとまた絵の受け取り方も違ってくるよなぁ、なんて。

そんな当時の想像もさせてくれるという意味でなかなか素晴らしいアルチンボルド展でした。

 

 

【読書感想】「東京Deep案内」が選ぶ 首都圏住みたくない街

東京Deep案内が選ぶ、首都圏住みたくない街。

古くから東京の街案内をしているウェブサイト、東京Deep案内の運営者が書いた首都圏の街をくまなくまとめた本。

かなり分厚い本で2,200円と、外観だけでもお値打感はあるのだけれど、中をパラパラと読み始めると情報量が半端ではなく、購入したことを後悔させない情報の充実ぶり。これは決して誇張ではなく、すごい。こんなに都内のアングラな事実を調べ上げた本ってあるんですかね。拍手ものですわ。

不動産屋ならこれを読むだけで同僚と差をつけられるし、ちょっとアングラが好きな人はこれを片手に休日街歩きを楽しむことができるし、単純に自分が住んできた街やゆかりの地の歴史や裏の顔を知ることもできるし。利用方法いろいろ。

読み始めて数ページで、「このエリアはDQNが多いエリアで…」みたいな表現がバンバン出てきて、すすーっと吸い込まれます。どうか、サイト運営者様が特定されたり、それによって生活に問題が出たり、ということが起きませんよう。

すばらしき。

【読書感想】仕事の問題地図

売れているようなので、読んでみた。

出てくる事例それぞれが、仕事の進め方におけるあるある的な問題であることは確かだけれど、まぁ仕事をしていく中でそれなりの成果を出そうと思えば、これくらいは理解しているかなぁという内容であることは事実。

使えない上司にはぜひ読んでほしいけど。

 

戦略的雲隠れ、は、もう少し世に広まってほしいかな。他者の同意を得ると言う意味で。

【読書感想】ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち

NHKのスーパープレゼンテーションでこの本の筆者・J.D.ヴァンスのスピーチをやっていて、なんだか面白そうな人だなぁと思って、買って読んでみた。

トランプ政権を誕生させた、所謂“白人労働者階級”ってのがどんなものか、どんな思想を持った人々か、ってが中心トピックで、筆者の彼は白人労働者階級からアイビーリーグへ入学した、異質な存在。

白人労働者階級からアイビーリーグ、をある程度の語弊を覚悟して日本で例えるとするならば、生活保護世帯から国立トップ大、ってな感じだろう。彼のお母さんは結婚離婚を繰り返して、あげく麻薬中毒。祖父母が彼を正しく励まし続けてくれたおかげで、希望を捨てずにすんで、アイビーリーグを卒業して今は投資会社の社長をしている30代前半の男性の半生のお話だ。

 

人種のるつぼ、アメリカ。その中で白人と言えば一枚岩のような気さえしてしまうのだけれど、それが勘違いだったということはトランプ政権誕生でもうすでに分かっていることだと思う。

筆者の彼が説明するところとしては、アメリカ東北部に住むWASP(ホワイト・アングロサクソンプロテスタント)と対比して、アパラチア山脈周辺に住むスコティッシュアイリッシュの血筋を系譜とする貧困白人労働者層を「ヒルビリー(田舎者)」などと表現するらしい。

この本を読むと、ヒルビリーが社会に対して感じている負の感情がとてもよく分かる。そして肌の色が白い、というだけで下駄を履かせてもらえない事に不公平感を感じるのも至極当然な流れなのだな、ということも。(この筆者はとても強いけれど、みんながみんな、そうではないから。)

一方で、日本にも(程度の差はあるにせよ)このような話がないわけではなく、よくネットに匿名で書きこまれたりする類の話の域を大きく超えるものではない。手元に情報がないから、情報を得る方法が分からないから、そもそも行政がどんな手助けをしてくれるか知らないから、必要な給付や援助を受けられない層ってのは、日本にも普通に存在するわけで、国は違えど内容的には類似点が多い。

確かに、トランプ政権誕生がこの本を有名にさせて、タイミングに恵まれて世に出てきて、日本語にまで翻訳された本、ってな部分も多いにあるだろう。トランプが出てこなかったら世に出なかった本であることは間違いない。それでも読んで損ということはないし、所謂WASPがこの本を読んでどんな反応を持ったのかにも興味があるし、もし日本人版のこんな話があれば、ぜひ読んでみたいもんだと思う。

 

イオンのセルフレジにモヤモヤする件

最近イオンの近所に引っ越してきて、よくイオンを使う。セルフレジが導入されていてよく使うんだけれど、これがつっこみどころが2つあって、なんとなーくモヤモヤするのでちょっと書いてみる。

まず一つ目。

ルフレジを使う流れとしては、レジ袋を購入したい人はまず購入ボタンを押す。中サイズが3円、大サイズが5円だ。タッチパネルをぽちっとすると、20台ほどのセルフレジの周りを動き回りながらレジ袋を販売している店員さんが駆け足でやってきて、レジ袋を指定の位置に設置してくれる、という流れだ。

私はいつも駆け足で自分の方に近付く店員さんを見て、この1枚5円のレジ袋を売るために働く、という店員さんの存在意義について考えてしまう。

1人1.5分として1時間に1台でさばけるのが40人×20台×レジ袋大1.5枚で7円、と仮定すると袋の売上が5600円。おそらく、値段をつけているレジ袋を万引きされては困るということなのだろうけど、5600円のうち10%が万引きされたとしても、560円分。それを、時給900円の人を雇って防止する意味とはこれいかに。

ちなみにイギリスでは自己申告制でレジ横にあるレジ袋を勝手に取って、枚数を入力してレジ袋分の料金を勝手に払う、というのが一般的。個人的には、見張りも付いているしそれで十分じゃないか、と感じた。560円分のロスを防止するために900円の時給を払うのはどう考えても勿体無いし、労働時間中ずっと3円・5円のレジ袋のために走り回る店員さんを見るのは本当に悲しい気分になる。でも、日本ってこういうところあるよね。これが是とされちゃうようなところ。

加えて、レジ袋を売る人もすぐには来てくれないから、少なくとも10~20秒程度は待たされることになって、レジの回転も悪くなっているし、待たされる側のお客さんの心証もよくはない。本当にわずかな時間なんだけれど、「待たされている感」ってのはやはりある。誰も幸せになってない感がすごい。1時間560円のロスのために。

 

そして、その後の流れがまたモヤっとする。

まず、ポイントカードの提示を求められる。そしてポイントカードが認証されると、セルフレジでピッピッとレジ打ちができる。全てをレジ打ちした後、お会計となる。

つまり、おそらく90%の人がポイントカードを財布の中に入れているであろうに、財布の出し入れを2回もしなければいけないプロセスになっているのだ。もちろん中には脇に財布をはさみながら器用にレジ打ちする人もいるだろうけれど、それにしたって、最後にまとめてポイントカードを認証して、その後お会計ができるシステムにすれば客が2回も財布を出し入れしたり、脇に財布挟んだりしなくてもいいのだ。

絶対このセルフレジ、普段買い物しないおっさんが設計したでしょ、ポイントカード貯めたことないおっさんが部長だったでしょ、などと思うわけで、ここがモヤっとするポイント。

ちなみにもちろんイギリスだと、ポイントカードはお会計中のいつでも認証してもらえる。別に海外が一律に素晴らしい等と言うつもりはないけれど、イオンのセルフレジは海外目線でいうとあんまりイケてないよね、じじい設計だよね、ということが言いたかっただけでした。

 

陰謀論を信じるタイプの人にはなりたくないという話

2~3年ほど仕事をせずにいたのだが、久しぶりに仕事を再開した。中小企業で事務をすることになった。

私の前任者は別の部署に異動することになったようで、すでに異動したその人から引き継ぎを受けている。

私は以前に2社を経験しているけれど、そのどちらも異動になったら早いところで1週間、遅くても1カ月以内には全ての仕事を引き継いで、次の部署の仕事に取り掛かっていた。っていうか、説明するまでもなくそれが当たり前なわけで。

でも、今の会社、あんまり異動がないみたいで、その前任者は仕事はそのまま持っていくつもりらしい。もちろん、部長職はそんなことを思っているわけではなく、「きちんと引き継いでね」ってスタンスなんだけれど、その前任者は「僕の仕事が不当に奪われようとしている。」ってなノリ。

その人の機嫌を損ねないように、褒めおだて、引き継ぎを行っている。「この管理表、使いやすいですね~」とか、そんな感じで。その人は、それに対して気分がよくなったり、あるいはおだててもあんまり反応なし、ってこともある。

そこまでは、いいんだけれど、そもそも事務の仕事ってのは、たとえば1カ月とか四半期とか1年のスパンでサイクルがあって、それにあわせて動くことが多い。だから、まず大枠のぐるっとした業務の流れを聞かないと、具体的な作業だけをポンと単発で教えてもらっても、あまり意味がない。

だから、具体的な作業を教えてもらった時に、「これはどういう一連の流れがあるなかでの、この作業なんですか?」って尋ねるわけだけれど。

その人にとっては、これが一番嫌な質問らしい。この質問をすると必ず、「部長から何て言われてるのか知らないけど、私はそんなに早くこの仕事を引き継ぐつもりはないから!」って言われてしまう。少なくとも、半年くらいはこの引き継ぎ作業に時間をかけたいらしい。

この仕事は難しいから、そんなにすぐは理解できないよ、ってのがその人のスタンス。自分は不当に仕事を奪われているけれど、そんな簡単に奪えるような仕事じゃないから、そんな簡単に理解できないから、みたいな事を言う。きっと、今まで部長や評価者から不当な評価を受けていたことをこの引き継ぎを通してアピールしたい部分もあるんじゃないかと感じる。

もちろん実際はそんな価値のある仕事じゃなく、ただの事務だ。せいぜい、2週間あれば引き継げる内容。そんなことにダラダラ時間をかけるのは無駄だし、というまっとうな理由でとりあえずのざっくりとした流れを気分を損ねないように聞き出すように日々努力しているわけだけど、その人は、部長が「早くその人から仕事を奪え!」的な指示出しをしていて、それに基づいて仕事の概要から先に聞き出しているんだ、というなかば陰謀論のようなことを思っているらしい。

もともと、部署を異動するということがどういうことか、というのが理解できていないと、ごくごく普通の仕事の引き継ぎも陰謀論になってしまうのだな、などとぼんやり思いながら明日も仕事をするのだろう。

私も陰謀論者にならないように、当たり前の道理を当たり前と判断できるようにありたい、と悲しい中年の後ろ姿を見ながら深く感じる日々なのであった。