車に興味ない女が東京モーターショー2017に行った感想をつらつら書く

仕事関係で東京モーターショーのチケットをもらったので、夫を同伴して行ってきた。

東京モーターショーが2年に1度ということも、一般のチケットが1800円もすることも初めて知ったレベルだったけれど、3連休でやることもないし、博物館的なものはわりと好きなので、きっとそれなりに楽しかろう、ということで足を運んだ。

会場は人でごった返し。若者の車離れ、など、車が売れなくなったニュースはいくらでも聞くけれど、車に興味ある人ってまだまだ沢山いるのねぇ、などと思いながら会場へ入る。

 

会場に入るときれいなおねぇちゃんが車の横に立ってカメラ小僧の相手をしていた。

f:id:kusawaketan:20171104231842j:plain

私ももう少し若かったころ、素直に若さと(あったかは定かではないが)美貌を前面に出して車の横でほほ笑む人生もありえたかもしれない、などと羨ましい気持ちになった。なので、何枚も綺麗な美女の写真をカメラ小僧に混じって撮った。それにしても、かっこいい車の横でほほ笑む美女、というのはなんとも男性の思考回路的な構図だな。この構図は女子には思い付かない。女子にとっては、車と美女は何の関係性もないが、男性にとっては両方欲しいもの、人に見せてドヤ!したいもの。

 

展示内容には会社によってだいぶ差があって、車の販売店に毛が生えたような会社もあれば、金かけてんなー、みたいな会社も。トヨタはやっぱりすごかったけど、ホンダは相当いまいちだった。ダイハツ、日産、ポルシェは印象に残った。ポルシェは単にオシャレな雰囲気で高揚させるクラブみたいな感じで、外資で限られた人員・予算でやってる中での開き直りみたいなところに感心した。全ては取れない中で、どこにポジション置くか、みたいな。技術訴求じゃないの、ポルシェくらいだったのでは?でも、他の会社より人集まってた。

 

車で印象に残ったのは、トヨタのディーカーゴっていうコンセプトカー。

f:id:kusawaketan:20171104231912j:plain

f:id:kusawaketan:20171104231919j:plain

形は未来のハイエースで、中には配送業者向けの棚が積まれてる、配送業者向けの商用カー。配送業者が近い将来こんなんで首都圏の住宅街とかを回るようになるのかしらね、とワクワクするような車。

それから、ダイハツのDN プロカーゴってやつ。

f:id:kusawaketan:20171104231938j:plain

介護用や移動式店舗に転用できるようにオプションでパーツが買える車。車いすで乗れる安い価格帯の車って、需要出てくるよねぇ今後。(まぁN BOXとか実際売れてますしね)

それからトヨタのGR HV SPORTS Conceptとか、BMWでも出てたけど、マットな質感の車。なんかリモアみたいでかっこ良かった~(ミーハー)

f:id:kusawaketan:20171104232005j:plain

 

それからそれから、ホンダはイマイチって文句言ったけど、家の一部が車で、そのまま動くっていうコンセプトカーは、まぁアイデアは面白かったwww

f:id:kusawaketan:20171104232348j:plain

シートベルトとか付いてないし、実現するかって言ったら微妙だけど…

 

実際に実現しそうで、このサービス出来たら絶対使いたい!って思ったのは、トヨタのスマートキーボックスってやつ。スマホが車のカギになることで、鍵自体のシェアができて、家族や他人への車の貸し借りができたり、トランクだけの鍵を宅配業者に時間貸しする形を取って、宅配ボックスの代わりになる、ってなやつ。オリンピック前にはサービス開始を目指してるんだとか。今の社宅、宅配ボックスなくて本当に泣けてくるので、サービス開始したら即使いたい。

 

行く前はただ無料チケットもらったので行っただけだったけど、それなりに面白かった東京モーターショーでした。ビヨンドザモーター、というのがテーマだったのだけれど、展示自体は確かにそんな部分も垣間見えたところがよかったです。ただ、ビヨンドザモーターの先で、リーディングカンパニーになるのは今ここに展示されていない会社だったりしてね~、などと思うなど。

おわり。